読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識 人気 取り のうさぎ 好き

柔瓶77の「限界芸術生活」生きるヒントを模索します。うさぎSF

波紋の呼吸法でッ

日記的な戯言散文 求道者の書(笑) ボクの抑鬱時代について

f:id:reporter7dead:20161025001731j:plain

©荒木飛呂彦 / generator77mits:Jojoトリビュート「徐倫

深淵を覗くものは、また、深淵に覗かれている。

よく聞くコトバだ。ミイラ取りがミイラってやつね★

今ワタシは、なるべく自分に負荷がかからないように生きる練習をシている。

コレは仕事をちょっとサボって楽するとか重いものを持たないとかそういう事じゃあない。

苦行を快楽と同義に変換する修行、そう、ドMの発想だ(笑)

ここでは、この発想・修行の実践を敢えて「波紋の呼吸法」と同じであると説こう。

何が言いたいかってさぁ・・・月曜日は憂鬱だって事だよデスヨ。

部屋を閉め切ると空気が淀むのよ、そうマイボスは解っている、さすがだ。

ナンバー2(ファットボブは№10)は解っていない、いやホントは解ってはいるのだが、敢えて解ろうとしない。空気の流れを

波紋の流れを読まないのだッ!!!

だがそれで良いんだ、そうする権利が彼(彼女)には有るとボクは了解しているだツ

この淀んだ重苦しい月曜日の空気・・・ボクは緊張でミスを犯してしまうトコロだった。

まだ不慣れなボクのNEWルーチンワークよ、ボクが最も苦手とする論理的でシンプルで

正確さを要する単純作業よ、ボクをそんなに苛めないでおくれ。

一週間前の作業が気になって気になって、更に過去に犯した思いミスまで思い出して

重なって重なってまたミスを犯してしまいそうで一瞬、

気が狂いそうになる(あまりにも悩ましげなスタイル by purplejelly BlankeyJetCity)

いや、本当に、一瞬、ブチ切れそうになったんだ・・・

冷静に・・・呼吸を整えるんだ・・・

そうだ今夜は素数を数えて眠ろう・・・

満員の終電電車ではSFまがいの素晴らしい生物学者の本「生物と無生物のあいだ」を

読んで一日の苦痛を忘れるとしよう、いや忘れてはいけないッ!これは快楽と

同義なのだから・・・

そしてまた、陽は昇る・・・

 

アフィじゃないからクリックせずに直接アマゾンで探してね★

でも、SFスキーにはとってもオススメ。ステキな小説のような語り口調で

先達達の偉大な足跡を感じつつ最先端テクノロジーまで話がぶっ飛ぶ良書です

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)